ロマン主義画家一覧

ゴヤ(1746-1828)スペイン/近代絵画の流れの全てを予告、スペイン最大の画家 ブレイク(1757-1827)イギリス/幼い頃からの幻視体験で絵画や詩の創作、ロマン主義の先駆け フリードリヒ(1774-1840)ドイツ/色彩の微妙な濃淡で自然を細やかに表現、主観的風景画、ロマン主義最高の画家 ターナー(1775-1851)イギリス/大気と光をいかに表現するかを徹底的に追及、イギリスを代表する風景画家 ルンゲ(1777-1810)ドイツ/風景を巨大な神聖文字、隠喩や象徴として描くという構想を生み出す ジェリコー(1791-1824)フランス/多くの素描や蝋人形などを使った緻密な構図作り、ロマン主義の先駆け アイエツ(1791-1882)イタリア/巧緻な技巧をもって歴史画や肖像画を描いた、19世紀ミラノの代表的なロマン主義画家 ドラクロワ(1798-1863)フランス/豊かな色彩感覚、ロマン主義最高の画家
 

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ作品

  1. 山上の十字架(1808)フリードリヒ

  2. 海辺の僧侶(1808-10)フリードリヒ/この絵で一気に有名に

  3. 樫の森の中の修道院(1810)フリードリヒ/この絵で一気に有名に

  4. 雲海の上の旅人(1818)フリードリヒ

  5. 窓辺の婦人(1822)フリードリヒ

  6. 氷の海(1823-24)フリードリヒ

  7. 人生の諸段階(1835)フリードリヒ/迫り来る死の影を暗示

各画家の代表作品

日の老いたる者(1794)ブレイク 朝(1806)ルンゲ マドリード、1808年5月3日(1814)ゴヤ 雲海の上の旅人(1818)フリードリヒ メデューズ号の筏(1819)ジェリコー/同じ時代に起きた事件がテーマ 民衆を導く自由の女神(1830)ドラクロワ/短縮法を用いて立体感を表現、市民革命を描いた絵画 雨、蒸気、速度――グレート・ウェスタン鉄道(1844)ターナー オダリスク(1867)アイエツ
PAGE TOP